novels

人とガソリンエンジン車のちょっと良い関係を表現することをテーマに描かれた短編小説です。
少々長いので章ごとに分割しています。
なお、この小説はフィクションです。登場する人物、地名、事件等はすべて架空のものであり、実在のものとは関係がありません。また、掲載される内容の模倣により発生した事故、事件については作者はその一切の責を免れるものとします。
公道上ではマナーを守り、安全運転を心がけましょう。

「カゼノユクエ」  第1章
白亜の檻」  第1章  第2章  第3章 After Story
「遺産相続」  第1章  第2章  第3章
「残響」 第1章  第2章
「いつか白樺の湖畔で」  第1章  第2章